· 

親の介護で共感しまくりの映画を見ました

9月1日に札幌プラザ2・5に映画を見に行きましたが、想像以上に長蛇の列😲

結局当日券もなかったため、並んだのですが入場出来ず!

その映画は「ぼけますから、よろしくお願いします。」という映画です。

映画監督の一人娘の信友直子さんが、認知症になった母親と耳の遠い父親の暮らしを

カメラに撮った記録、ドキュメンタリー映画です。

見るのをあきらめていたら、10月27日から31日また再上映とのことが新聞に出ていたので、

再度チャレンジして行ってきました。今回はスムーズに見ることができました😊

内容については、まだ上映中なので触れませんが、私の状況と重なる部分があり共感しまくり・・(苦笑)

 

同じ娘としての立場でいろいろと考えてしまいます。

カメラは変わらず回り続けますが、信友監督の心はずっと揺れ動いていたのでは・・

その答えが書籍に載っている気がして、発売されたばかりの書籍「ぼけますから、よろしくお願いします。」新潮社も購入しました。

読んだらまた感想などお伝えします。

 

人の老いが伝わってくる映画です。

でも、ご家族のかたの【笑顔】がとても素敵💖やっぱり【笑顔】っていいなと思わせてくれます。

 

これから、超高齢化社会がやってきます。それに少子化です。😲

出産年齢も上がっています。育児しながら介護する・・ダブルケア!!

何が出来るのか?でも、何とかしていかなくていけませんね🌼🌼